全国大会

2018年4月25日更新

第21回全国大会(関西大会)の研究発表

学会長 小山 聡子
第21回全国大会実行委員長 田中 直人
・研究発表登録期間
4月2日(月)~4月23日(月)
・研究発表概要集原稿提出期間
4月2日(月)~5月11日(金)

ホームページへのアクセスが困難な方は、
日本福祉のまちづくり学会大会ヘルプデスク[jais-desk@bunken.co.jp]に ご連絡ください。

研究発表は代表発表者、連名者ともに学会会員で年会費納入者が条件です。
非会員で発表希望者(共著者も含む)は発表登録申込前に入会申し込みを済ませ、原稿投稿までに入会金・年会費の納入をしてください。会費請求書到着後、締め切りまでに納入をお済ませください。
なお、賛助会員企業の常勤役職員の方は、代表発表者にも連名者にもなれます。ただし、代表発表者になれるのは1名1編までとします。連名者になるのは制限がありません。

※発表申込者が当日の発表者(登壇者)となりますのでご注意ください。

今大会では、一般論文(口頭発表)のみの募集を行います。
締切(日付が変わる前まで)を厳格に守って頂きますが、
会員の皆さまの積極的な投稿を期待しております。

◆研究発表登録  4月2日(月)~4月23日(月)
◆一般論文原稿提出  4月2日(月)~5月11日(金)

※代表発表者1人あたりの発表申込数は、最大2件です。(賛助会員は1件)

[論文登録に関する概要]
 一般論文
  • 登録期間 4月2日~4月23日
    (登録時に論文名、連名者情報、要旨200文字程度、キーワードなどが必要)
  • 概要集原稿投稿期間 4月2日~5月11日(基本は修正要請なし)
    概要集原稿 基本4ページ もしくは2ページ
    原稿ファイルの最大値は、3MB未満としてください。

※(注意)2015年から、概要集原稿のフォーマットが変更されています。「日本福祉のまちづくり学会全国大会概要集・審査用原稿執筆要領」を用いて論文の作成をしてください。
『日本福祉のまちづくり学会全国大会 概要集・審査用原稿執筆要領』
http://fukumachi.net/taikai/guideline.html

■研究発表登録要領

1.研究発表の申し込みは学会のホームページの発表申込フォームから入力してください。

◆論文登録にはログインが必要となります。
会員 ⇒ 会員番号とパスワード
賛助会員・入会手続中の非会員 ⇒ ログインIDを発行し、ログインをお願いします。

※ログインに必要な会員番号とパスワードが分からない場合
  • 「会員番号」と「メールアドレス(マイページの登録情報)」がわかる場合 マイページのパスワード照会
    https://www.bunken.org/jais/mypage/Notice/)から
    お調べいただけます。
  • 「会員番号」と「メールアドレス(マイページ登録情報)」がわからない場合
    日本福祉のまちづくり学会事務局(jais-post@bunken.co.jp)
    にお問い合わせください

[研究発表申込みの方へのお願い事項]

本大会の研究発表日は、8月9日(木)・8月10日(金)の2日間を予定しております。

1.申し込みは2018年4月23日(月)、当日の着信までとします。

原稿作成にあたっては、『日本福祉のまちづくり学会全国大会 概要集・審査用原稿執筆要領』をフォーマットとしてください。
http://fukumachi.net/taikai/guideline.html

3.申し込みには以下の内容が必要です。

  1. 発表論文の題目
  2. 発表者の氏名(ふりがな)、所属、連絡先(〒、住所、TEL、FAX、E-Mail)
  3. 連名者の氏名(ふりがな)、所属、連絡先(連名者も学会員であることが必要。非会員の方は、入会手続きをすること。)
  4. キーワード(6語以内)
  5. 内容要旨(200字程度、入力フォームに直接文字を入力)
  6. 既発表の有無:当該発表予定論文の既発表の有無を明確にしてください。
    他学会で既に発表したものでも受け付けます。詳しくは「日本福祉のまちづくり学会全国大会概要集・審査用原稿執筆要領」の「9.著作権の扱い」を参照してください。
  7. 発表時の機器操作支援・手話通訳などの必要性
    必要な場合は、具体的に記入してください。
  8. 分野(下記から優先順位順に3つ選択)
    • 観光地・観光バリアフリー
    • 福祉機器の評価・開発
    • 地域社会・生活支援
    • 防犯・防災・安全
    • まちづくり・ユニバーサルデザイン
    • 建築・住環境整備
    • 交通システム
    • 案内・誘導・情報バリアフリー
    • 教育・人材育成
    • 移動・外出
    • ユニバーサルサービス
    • その他
  9. 備考欄:特記事項等があれば記載する。
  10. 原稿作成にあたり、学会ホームページにある「日本福祉のまちづくり学会全国大会 概要集・審査用原稿執筆要領」を用いて下さい。

4.原稿の提出期限
2018年5月11日(金)当日の着信までとします。

■「しあわせのまちづくりコンペ」応募要項

趣旨

2006年に国連障害者権利条約が採択され、我が国は2014年に批准、2016年に障害者差別解消法が施行され、福祉のまちづくりも第2ステージを迎えています。そのような中で、社会環境の課題を発見し、改善運動を起こし、すべての人が幸福を享受できるまちづくりの実現にむけた提案、報告を募集します。
本コンペは、本学会の学際性を活かした、実社会と学術をつなぐ、新しい研究、実践活動について、次代を担う若者が提案、報告する機会を提供することをねらいとしています。

参加資格

18歳以上40歳未満の方で福祉のまちづくりに関わる研究、実践活動を行っている人、団体。
どなたでも参加いただけます。
*団体の場合、人数に制約は設けませんが、申請書等に記入する人数は5名まで。

〈学生部門〉
高等専門学校、専門学校、短大、大学、大学院において、福祉のまちづくり関連分野を学ぶ学生で現在、在学中の個人又はグループ。今春(2018年3月)卒業予定の方も可。
〈一般部門〉
学生部門に該当しない方で、福祉のまちづくり関連分野に従事している方又は興味関心のある方。
応募内容

今後の福祉のまちづくりにおける課題を解決するための活動の提案又は実践報告

提出物

応募申請書:実行委員が定めた応募様式(A4:1頁若しくは2頁)に基づく申請書
(一次審査対象)
締め切り:5月31日(木曜日)

参加費  無料

エントリー方法

2018年5月31日までに下記の本コンペ事務局までメールで応募してください。
なお、応募者は学会員である必要はありません。
応募書類(エントリーシートおよび応募用紙)

【応募申請書提出先】

第21回 日本福祉のまちづくり学会全国大会「しあわせのまちづくりコンペ」事務局
担 当:石塚裕子((公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査部)
メール:ishizukay@dri.ne.jp 電話 :078-262-5570
住 所:〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2 人と防災未来センター東館6階

審査

一次審査:書類審査
審査会(実行委員より選定)により10件程度選定する。
結果発表:2018年6月中旬にメールにて代表者に通知します。

二次審査:ポスター発表審査
2018年8月10日(金)11:30-12:30
審査委員(学会評議員より選定)による審査および
学会参加者投票を参考に選考します。
結果発表:2018年8月10日(金)16:00

【評価指標】課題妥当性、新規性、実現可能性、汎用性の4指標の総合得点で
審査します。

表彰

〈学生部門〉最優秀賞(賞状及び賞金3万円)1点、優秀賞(賞状及び賞金1万円)1点
〈一般部門〉最優秀賞(賞状及び賞金3万円)1点、優秀賞(賞状及び賞金1万円)1点
〈奨励賞〉一次審査通過者(10人・団体):記念品および大会参加券
(ただし、学会員は除く。)

応募作品の権利
  • 応募作品の著作権は応募者に帰属します。ただし、入選作品の発表・掲載に関する権利は主権者が保有します。
  • 応募作品に使われる写真、図面、その他の要素全てについて著作権を侵害するものであってはなりません。著作権侵害の恐れがある場合は、入選を取り消すことがあります。
個人情報の取り扱い

応募用紙に記載された個人情報は、応募に関する結果連絡に利用すると共に、受賞者の了承を得たうえで、学会ホームページ等で公開させていただきます。なお、応募いただいた個人情報は適切・厳重に管理し、上記目的以外に応募者の了承なく第三者に提供することはありません。