全国大会

2022年8月23日更新

第25回全国大会(高知オンライン) 研究発表プログラム

※8月23日現在 変更事項は随時更新し、メールマガジンでお知らせいたします

9月1日(木) PDF エクセル Word
  一般研究発表33件、特定課題研究発表1件、研究討論会1本 シンポジウム(予定)

9月2日(金) PDF エクセル Word
  一般研究発表23件、特定課題研究発表2件、研究討論会4本、学会賞授与式

<シンポジウム>
9月1日(木)
17時00分~19時30分予定
テーマ
 『大災害に備える福祉のまちづくり』
プログラム
基調講演
Persons with Access and Functional Needs: Lessons Learned in Recent Disasters
 (近年の災害から学ぶ障害のある(AFN)人のニーズ)
講師:James D. Goltz Ph.D.(京都大学防災研究所客員研究員)
パネルディスカッション
「ハードとソフトを連携させて大災害に備える」

◆チラシはこちらから(PDF)
https://fukumachi.net/taikai/doc/symposium2022.pdf

◆申し込み先
https://forms.gle/SKPLUFSbbAAEsBwt6
入力が難しい場合は、石塚(y-ishizuka[at]hus.osaka-u.ac.jp [at]を @ に変えて下さい)までメールをください。

<研究討論会> 詳細PDF
9月1日(木)
 15時00分~16時30分
 研究討論会1 障害のある人の権利に関する特別研究委員会
  『障害のある人の権利を保障する社会のありようを考える』

9月2日(金)
 9時00分~10時30分
 研究討論会2 人にやさしい情報環境特別研究委員会
  『人にやさしい情報環境のこれまでとこれから[その1:課題提起]』

 13時15分~14時45分
 研究討論会3 子育ち・子育てまちづくり特別研究委員会
  『車椅子ユーザーの子育て環境の現状と課題』
 研究討論会4 インクルーシブリサーチ特別研究委員会
  『わたしたちの声を「まち」にとどけよう
    ―市区町村の政策決定過程への多様な当事者の参加をめざす試み』

 15時00分~16時30分
 研究討論会5 国家資格等に関連する合理的配慮特別研究委員会
  『合理的配慮の現在~高等教育機関をめぐって~』

<学会賞授与式、学会長挨拶、閉会挨拶>
9月2日(金)
 16時45分~18時15分
 第13回学会賞授与式・受賞者による活動報告
 学会長挨拶(学会長 佐藤克志)
 次回開催地の紹介(関東甲信越支部支部長 原利明、宇都宮大学 大森宣暁)
 閉会挨拶(第25回全国大会実行委員長 坂本淳)